創作文芸アンソロジー「ぐるぐる回ってバターになる」の情報ページです。

About

どんなアンソロジー?

「ぐるぐる回ってバターになる」というフレーズから連想される作品を募って本にしよう、という企画です。
(このフレーズは「ちびくろ・さんぼ」という絵本のストーリーから連想されています。)
主催が自らでアンソロジーの製本を行って頒布します。
(製本はこのように行う予定です。)

おおまかな流れ

2016年7月28日~8月11日 執筆者募集
8月11日 執筆者決定
~11月23日 原稿提出
~11月30日 原稿確認
2017年1月22日 文学フリーマーケット京都にて頒布開始

頒布先

A5サイズ・104ページ・500円

2017年1月22日 文学フリマ京都
2017年5月7日 文学フリマ東京(予定)

Information

執筆者・作品タイトル・サンプル

八束(twitter
 …ダイニング(サンプル
泉由良(twitter
 …ヘディ・ラバーズ(サンプル
相沢ナナコ(twitter
 …元従業員によるパンケーキ店の秘密の暴露、虎とバターの行方について(サンプル
山縣映(twitter
 …『ぐるぐる回ってバターになる』(サンプル
真空中(twitter
 …ミルクと悪魔と子守唄(サンプル
珠宮フジ子(主催)(twitter
 …ドリーになれない(サンプル
樹真一(twitter
 …病気のバターが世界を廻る(サンプル
(掲載順・敬称略)

主催について

珠宮フジ子(twitter)(web
 mail: fuji.sumiya-at-gmail.com
    (-at-を@に変換してお送りください。)

PAGE TOP